KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

今仮想通貨の中でも特に人気で注目されている仮想通貨の最新情報や基礎知識、イベント情報などを発信していきます。仮想通貨の基礎知識なども配信していきますので気軽に見にいってください

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなど最新情報を紹介!|KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなど最新情報を紹介!|KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

今回は、最近評判になっている上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなどの最新情報がありましたので紹介していきます。

 

 

f:id:kasotsuka_news:20190109110813j:plain

近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】プロジェクト概要

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。


ACDホームページはこちら

 

日本版ホワイトペーパーはこちら

 

詳しくはこちら

kasotsuka-news.hatenablog.com

 

「株式会社ACD」とは?

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】ロードマップ

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】のACDプロジェクトロードマップは下記になります。

f:id:kasotsuka_news:20190109110731j:plain

  • 2018年4月トークン配布
  • 2018年5月スケジュール発表 ※6月中旬より随時配信予定
  • 2019年ウォレットサービス開始
  • 2019年多国間にてインバウンドEC開始

 

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】最新情報

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】が、香港における龍豊集団とのコイン連携での提携を発表したので紹介していきます。

 

香港における龍豊集団とのコイン連携での提携

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役園田康博 以下「ACD」)は、香港において展開しているドラッグストアチェーンの最大手、龍豊薬業(集團)有限公司(以下「龍豊集団」)と提携し、香港におけるドラッグストアチェーンの全店舗において、ACDが発行する暗号通貨(ユーティリティコイン)「ACDコイン」を店舗利用者に対し、店舗利便性の向上および店舗売上増大の一環として、2019年度初旬を目途に店舗における決済手段の一つとして利用できるよう順次導入を開始することについて合意いたしました。

龍豊集団は、香港における流通業と小売業を担っており、医薬品、健康および美容補助食品、スキンケア、パーソナルケア製品の流通および小売を行っており、2019年で設立27周年を迎えています。現在、龍豊集団は、新界地域に18店舗を出店しており、今後は香港に限らず、中国やマカオ市場への事業展開を積極的に進めています。

 またACDコインは、BCH(ビットコインキャッシュ)プラットフォームと連携し、特に海外保有者向けにクロスボーディングサービスの利便性を高めるために開発された暗号通貨(ユーティリティコイン)です。

今後は、ドラッグストアチェーンを始めとし世界中のオフライン店舗とのインバウンドビジネスにおける相乗効果を最大限に高めるため、ACDコインを活用し、よりその利便性・利用率を高める方針です。
 以上の取り組みにより、ACDは龍豊集団との今後更なる連携強化を図り、香港でのACDコインの普及に努め、世界各国へ展開して参ります。

 

 

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】まとめ

f:id:kasotsuka_news:20190109110750j:plain

今回は、最近評判になっている上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなどの最新情報がありましたので紹介していきました。
龍豊集団と提携し、香港におけるドラッグストアチェーンの全店舗において、「ACDコイン」を2019年度初旬を目途に店舗にて決済手段として利用できるよう順次導入を開始することについて合意し、今後は、ドラッグストアチェーンを始めとした世界中のオフライン店舗とのインバウンドビジネスにおける相乗効果を最大限に高めるため、ACDコインを活用し、よりその利便性・利用率を高める方針だそうです。

今後も、最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】に注目してみてはいかがでしょうか。

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなど最新情報を紹介!|KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなど最新情報を紹介!|KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

今回は、最近評判になっている上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなどの最新情報がありましたので紹介していきます。

 

 

f:id:kasotsuka_news:20190109110813j:plain

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】プロジェクト概要

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。


ACDホームページはこちら

 

日本版ホワイトペーパーはこちら

 

詳しくはこちら

kasotsuka-news.hatenablog.com

「株式会社ACD」とは?

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】ロードマップ

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】のACDプロジェクトロードマップは下記になります。

f:id:kasotsuka_news:20190109110731j:plain

  • 2018年4月トークン配布
  • 2018年5月スケジュール発表 ※6月中旬より随時配信予定
  • 2019年ウォレットサービス開始
  • 2019年多国間にてインバウンドEC開始

 

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】最新情報

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】が、ベビースターラーメンの株式会社おやつカンパニーが「全日空海淘」に出店と発表したので紹介していきます。

 

ベビースターラーメンの株式会社おやつカンパニーが「全日空海淘」に出店

株式会社おやつカンパニー(本社:三重県津市 代表取締役社長 手島文雄 以下「おやつカンパニー」)は、株式会社ACD(本社:東京都江東区 代表取締役 園田康博 以下「ACD」)の運営する越境ECプラットフォーム「全日空海淘」において、2019年2月に旗艦店として出店することを決定致しました。

この取り組みにより、ベビースターシリーズや、パンスナック菓子類などを中心とする主力商品をおやつカンパニー旗艦店にて海外の消費者へBtoCで販売を開始いたします。

また、総工費30億円をかけておやつカンパニー久居工場に隣接して建設中の「おやつタウン(2019年7月開園予定)」(株式会社おやつタウン:三重県津市 代表取締役社長 松田好旦)も介して海外への情報発信を同時に行っていく方針です。

おやつカンパニーとACDは、越境ECの取り組みだけでなく、三重県の地域創生を目指した外国人観光客の取り込みや名産品の認知拡販を目指すべく、地域活性化を踏まえた国際的なプロモーションを展開してまいります。

おやつカンパニーの概要】
社 名 :株式会社おやつカンパニー
設立日 :1948年9月3日
所在地 :三重県津市一志町田尻420番地
代 表 :代表取締役社長 手島文雄
資本金 :1億円
事業内容:菓子・食品製造

 

 

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】まとめ

f:id:kasotsuka_news:20190109110750j:plain

今回は、最近評判になっている上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなどの最新情報がありましたので紹介していきました。
今回の出店により、ベビースターシリーズや、パンスナック菓子類などを中心とする主力商品をおやつカンパニー旗艦店にて海外の消費者へBtoCで販売を開始し、おやつカンパニーとACDは、越境ECの取り組みだけでなく、三重県の地域創生を目指した外国人観光客の取り込みや名産品の認知拡販を目指すべく、地域活性化を踏まえた国際的なプロモーションを展開していくそうです。

今後も、最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】に注目してみてはいかがでしょうか。

【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップなど最新情報を紹介!|KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップなど最新情報を紹介!|KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

今回は、新着ICO「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報がありましたので紹介していきます。

 

 

f:id:kasotsuka_news:20181217201115j:plain

【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら


「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

 

詳しくはこちら

kasotsuka-news.hatenablog.com

 

【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を紹介!

【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」がデータ公開を可能にするアルゴリズムの実現について発表したので紹介していきます。

 

 

 

f:id:kasotsuka_news:20181217201140j:plain

アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されます。DISCIPLINAプロジェクトで使用されるこのプロトコルは求人募集している雇用主に正確な検証された成績データを提供する為にのみ用いられています。

このプロトコルの利用にあたり2人の当事者が存在します。それはトークンの買い手と売り手です。一般的な売買システムにおいては流通資金をプールし流通データを検証する仲介者が存在します。しかし、従来のデータ公開アルゴリズムと異なり、DISCIPLINAでは仲介者は必要としません。DISCIPLINAプロジェクトにおいてブロックチェーンこそがすべての取引の有効性を保証する合意メカニズムを備えた分散型台帳なのです。

先述した通りDISCIPLINAプロジェクトに関わる全ての参加者はデータが有効であるかどうか判断する機会があります。もし登録データに関して争いが生じたとしても参加者はブロックチェーン上に記録されたデータを判断材料として証明することが可能です。買い手が無効だと主張するデータをネットワークのノードに確認させ、その後に有効か無効かについて決断を下すことができます。ちなみに両当事者はそのデータに対して信頼し取引が公正であると同意する場合、ブロックチェーン上のノードはデータにアクセスすることはありません。

取引前に、買い手は検証を行う事をノードに通知しなければなりません。全ての取引記録データは検証済みであり有効なものでなければならないからです。売り手は暗号鍵を用意する事でデータを暗号化し、そしてその暗号鍵をブロックデータの代表となるデータ「マークル・ルート」を計算して、この「マークル・ルート」を参加者が閲覧できるパブリックブロックチェーンに入れます。

買い手はセッションの公開鍵と暗号鍵のペアを作成し、暗号鍵を公開して取引を行います。さらにこの取引におけるスマートコントラクトに保管するDisciplinaトークンを送信します。

売り手は所定の保証金をコントラクトアドレスに送信し内容の障害確認の為、一定時間待ち時間が発生します。その後、買い手にプライベートブロックチェーンで暗号化したデータを送信します。こうすることでブロックチェーン上に大量の情報を保管せず、また記録に関しての争いが生じた場合にその記録データの全てを公開する必要がなくなるのです。

買い手が暗号化データを受領したことを確認後、売り手は買い手の公開鍵で暗号鍵を発行します。

この売り手の暗号鍵で買い手はデータを解読できます。この段階で2つのシナリオが考えられます。

1.買い手が記録データが虚偽があって無効であると考える場合、その部分に秘密鍵を使用し公開します。Disciplina参加者は誰でもそのデータ部分を解読し真正なデータであるか確認機能が使用できます。大まかな流れとしては売り手が買い手にプライベートチェーン上で送信したデータの中に疑問部分が実際に含まれていたことを証明する為に買い手は同部分の「マークル・パス」も提出します。買い手が同データについて無効であることを証明できた場合、売り手が当初送信していた保証金とともに自分の資金も払戻しを受けます。

2.すべてのデータが真正であった場合、買い手はパブリックチェーンの取引にてそれが確認出来ます。虚偽があった場合では一定期間の後にスマートコントラクトは自動的に資金を売り手に送信します。

 

The protocol ensures the exchange of reliable data for cryptocurrency and guarantees that none of the parties will be able to take advantage over each other. This protocol is used in the DISCIPLINA work in order to only provide recruiters with verified data on academic achievements.The protocol ensures the exchange of reliable data for cryptocurrency and guarantees that none of the parties will be able to take advantage over each other. This protocol is used in the DISCIPLINA work in order to only provide recruiters with verified data on academic achievements.
The protocol has two parties - the Buyer (B) and the Seller (S). The system also has an intermediary that can hold money and validate the data. However, unlike conventional data exchange algorithms, this intermediary in DISCIPLINA is a blockchain — a decentralized ledger with a consensus mechanism that can ensure the validity of all the transactions.
Each party will have the opportunity to determine the validity of the data. If any disputes occur, the parties will use blockchain as a final judge: the chunk of data that the Buyer claims to be invalid is observed by the nodes of the network, and then the Buyer decides whether the data is valid or not. It should be noted that the blockchain nodes will not have access to the data as long as the parties agree on the fairness of the deal.Before making a deal, the Buyer will have to notify the nodes about the function that will be used for the validation. Each chunk of the traded data will have to be valid in terms of this validation function. The Seller then encrypts the data with a session key, computes a Merkle root of the encrypted data, and puts this Merkle root in the publicly available chain of blocks.The Buyer creates a session keypair and makes a transaction, making the session public key available for everyone. They also send coins that are locked on the smart-contract with this transaction.
The Seller sends a fixed security deposit to the contract and waits for a pre-agreed confirmation period in order to be sure there is no chain rollback. They send the encrypted data chunks to the Buyer off-chain, which allows to avoid storing a big amount of information in the blockchain and disclosing the entire dataset in case of dispute.After the Buyer confirms that they have received the encrypted chunks, the Seller publishes a session key encrypted with the public session key of the Buyer.Now the Buyer can decrypt the data. This stage has two possible scenarios:1. If the Buyer finds out that some data chunk is invalid, they can just identify that invalid chunk and reveal his private session key. Any user can then decrypt the chunk and apply the validation function. In order to prove that this chunk was indeed among the data that the Seller sent to the Buyer off-chain, the Buyer also provides a Merkle path of this chunk. In the event that the Buyer can prove the data is invalid, they receive their money back, along with the security deposit initially provided by the Seller.
2. If all the data is valid, the Buyer acknowledges it through the on-chain transaction. If they fail to do so, the contract automatically sends the money to the Seller after a certain time period.

 

 

 

【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」ロードマップ

「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップについては下記の通りになります。

f:id:kasotsuka_news:20181217201128j:plain

  • 2016年第3四半期:TeachMePleaseのローンチ
  • 2016年第4四半期:学校登録開始
  • 2017年第3四半期:Disciplinaについての構想開始
  • 2018年第3四半期:DISCIPLINAアルファ版
  • 2018年第4四半期:CampusでのDSCPの流れ
  • 2019年第1四半期:DSCPウォレット・ノードAPI
  • 2019年第2四半期:TeachMePleaseでのDSCPトークン支払開始
  • 2019年第3四半期:テストネット
  • 2019年第4四半期:メインネット

【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:kasotsuka_news:20181217201019j:plain

今回は、新着ICO「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報がありましたので紹介していきました。

データ公開を可能にするアルゴリズムの実現について発表がありましたが、アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されるそうです。

今後も【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」に注目してみてはいかがでしょうか。

 

 

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなど最新情報を紹介!|KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなど最新情報を紹介!|KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

今回は、最近評判になっている上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなどの最新情報がありましたので紹介していきます。

 

 

f:id:kasotsuka_news:20190109110813j:plain

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】プロジェクト概要

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。


ACDホームページはこちら

 

日本版ホワイトペーパーはこちら

 

詳しくはこちら

kasotsuka-news.hatenablog.com

 

「株式会社ACD」とは?

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】ロードマップ

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】のACDプロジェクトロードマップは下記になります。

f:id:kasotsuka_news:20190109110731j:plain

  • 2018年4月トークン配布
  • 2018年5月スケジュール発表 ※6月中旬より随時配信予定
  • 2019年ウォレットサービス開始
  • 2019年多国間にてインバウンドEC開始

 

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】最新情報

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】が、「インバウンド&中国越境ECセミナー」への参加を発表したので紹介していきます。

 

「インバウンド&中国越境ECセミナー」への参加を発表

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役園田康博 以下「ACD」)は、2019年1月22日(火)13:30~宮崎県立美術館で開催されますインバウンド&中国越境ECセミナー「訪日インバウンド需要の展望と中国ネットビジネス」に参加いたします。
セミナーは、宮崎県、株式会社宮崎銀行、株式会社宮崎太陽銀行みずほ銀行が主催となり、宮崎県商工会議所などに呼びかけて、地方創生や地域活性化に取り組む企業が参加して行われているものです。
今回のテーマは、今後ますます増加傾向にある中国を始めアジア諸国からのインバウンド客への対応と、中国向け越境ECへの取り組みを中心に開催されます。

ACDの株主であるANAホールディングス(株)も、2017年10月20日に宮崎県との間で、観光産業の振興、地域経済の一層の活性化を図るため、相互の資源を有効に活用した協働による活動を推進することを目的とした「観光振興に関する連携協定」を締結しており、ACDといたしましても、日本の地域における産業振興を盛り上げるためにインバウンド施策と連動した越境ECの分野で宮崎県とも連携し、観光振興にも寄与・貢献してまいりたいと考えております。

今回のセミナー参加を機に、地域創生に積極的に取り組んでいる宮崎県とACDのサービスを身近で感じていただくとともに、今後中国を始め世界の顧客に対して積極的に地域の名産品などを紹介していければと考えておりますので、引き続きACDの業務へのご理解・ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】まとめ

f:id:kasotsuka_news:20190109110750j:plain

今回は、最近評判になっている上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなどの最新情報がありましたので紹介していきました。
最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】が参加するインバウンド&中国越境ECセミナー「訪日インバウンド需要の展望と中国ネットビジネス」は、地方創生や地域活性化に取り組む企業が参加して行われているもので、アジア諸国からのインバウンド客への対応と、中国向け越境ECへの取り組みを中心に開催されるそうです。

今後【ACDコイン】は、日本の地域における産業振興を盛り上げるためにインバウンド施策と連動した越境ECの分野で宮崎県とも連携し、観光振興にも寄与・貢献していくと考えているそうです。

今後も、最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】に注目してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ロジャーも絶賛した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」とは?気になる「Wowbit(ワオビット)」の詳細や上場から最新情報まで徹底公開!|KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

ロジャーも絶賛した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」とは?気になる「Wowbit(ワオビット)」の詳細や上場から最新情報まで徹底公開!|KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

 

今回は、ロジャーも絶賛した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」とは?既に上場している仮想通貨ですが改めて特徴や上場から最新情報まで、徹底的に仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の全てを公開していきたいと思います。

 

※更新日:2019年1月28日

 

f:id:kasotsuka_news:20180412094617j:plain

 

ロジャーも絶賛した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」とは?

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」はシンガポールで開発されている仮想通貨で、目的は「ひとつの感動で戦争を終わらせることができる。だから、私たちは感動を価値化します」と公表されてます。

Wowbit(ワオビット)は正確に言うとWowooがプラットフォームの名称であり、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨が「Wowbit(ワオビット)」になります。

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の公式サイトはこちら

wowoonet.com

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」のホワイトペーパーはこちら

https://wowoonet.com/pdf/wp_wwb_e_v204.pdf

 

 

ロジャーも絶賛した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」特徴

f:id:kasotsuka_news:20180505141521j:plain

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の特徴といえば、「準備金制度」や「特別決議機能」です。
Wowbit(ワオビット)の準備金制度は20%で、Wowbit(ワオビット)のトークンが発行される際には、ETHの準備高がWowbit(ワオビット)価値合計値の20%になるように自動調整されます。

その結果、仮想通貨Wobit(ワオビット)の売買者の間を公正なバランスで保ち、大きな安定性を生み出します。

特別決議機能は、ルール変更など重要な決議において、仮想通貨Wobit(ワオビット)の保持者による投票で意思決定がされることです。

 

ロジャーも絶賛した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」チームメンバー公開

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」のチームメンバーを紹介します。

下記メンバー以外にもアドバイザーの方々もいらっしゃいます。

f:id:kasotsuka_news:20180920135613j:plain

ロジャーも絶賛した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」仮想通貨詳細

f:id:kasotsuka_news:20180920135558j:plain

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」はイーサリアムをベースに作られました。

スマートコントラクトを実装しており、Wowbit(ワオビット)の発行枚数などはマイニングではなく、Wowoo(WWB)システムが管理しています。

ただし、非中央集権の性質も持っているので発行枚数の増減など大きな変更については特別議決機能(Wowoo委員会の承認とWowbit(ワオビット)保有者の2/3の可決)によって決められます。

Wowooの運営がWowbit(ワオビット)の管理を行う一方で、Wowbit(ワオビット)保有者にも投票権を与えて公平性を保っています。

 

  • トークンの名称:Wowbit
  • 単位:WWB
  • 発行枚数:1,111,111,111(WWB)
  • ICO価格:1WWBあたり0.0011ETH
  • プレトークンセール開始日:2018年1月17日
  • トークンセール:2018年2月22日〜2018年3月2日
  • ICO:2018年3月以降

 

ロジャーも絶賛した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」注目すべき理由

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の注目すべき理由は大きく4つあります。

f:id:kasotsuka_news:20180412094932j:plain

 

  • ロジェー・バー氏がWoowooプロジェクトを絶賛
  • NEOの創業者・CEOであるDa Hongfei氏がアドバイザーとして参戦
  • 国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」が出資
  • 既に上場している

 

理由の1つは、仮想通貨の第一人者であるロジャー・バーがWowbit(ワオビット)の評議会に参加し、このプロジェクトを絶賛したことです。
ロジャー・バーはICOのアドバイザーとして今後のWowooプロジェクトにも参画するとのことです。

また、NEOの創業者であるDa Hongfei氏もこのWowooのアドバイザーとして参画していること、日本最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営している株式会社オウケイウェイブは子会社を通じて、このプロジェクトに出資をしていることです。

仮想通貨業界の大物二人が参画していて、大手が出資し、すでに上場しているので注目すべき仮想通貨なのです。

 

ロジャーも絶賛した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」ロードマップ公開

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」のロードマップは下記のとおりです。

f:id:kasotsuka_news:20180505141544j:plain

2018年第1四半期:Wowooトークンセール、システム開発
2018年第2四半期:Wowooシステム開発
2018年第3四半期:Wowooサービス本格リリース
2019年第3四半期:WowooのプラットフォームのAIサービス開始
2019年第4四半期:Wowooエコシステム成長加速

 

ロジャーも絶賛した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」上場取引所公開

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」が上場した取引所「BIT-Z」について情報を公開していきます。

 

f:id:kasotsuka_news:20180601112836j:plain

BIT-Z特徴

  • 取り扱い通貨数:83種類
  • 入出金手数料:無料※出金時は別途取引手数料 メイカー・テイカーともに一律0.1%
  • トレードの種類:現物取引 OTC相対取引
  • 通貨ペア BTC建て:74種類
  • ETH建て:41種類
  • DKKT建て:4種類
  • アプリ:iOS版、Android

 

2016年に開設されたBit-Zという取引所は、会社名、代表者などはは発表されていなく、一切不明となっています。

Bit-Zは中華系の取引所で香港、シンガポール、北京に拠点を持ちます。

 

ロジャーも絶賛した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」最新情報

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の公開から現在までの最新情報をまとめてご紹介していきます。

f:id:kasotsuka_news:20180523105826j:plain

  • 最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴ、仮想通貨交換業の登録申請を行うことを決定
  • プレトークンセールが12分で完売のWowBitトークン(WWB)、近日配布と公式サイトより発表
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」がBIT-Zに掲載!
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」がBit-Zキャンペーン!
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」が新プロジェクトWowoo Entertainment
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」がグローバルブロックチェーンサミットに参加2018
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」がBitcoin.comとパートナーシップ提携
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」がWowoo Platformβ版リリース
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」がCoinExに掲載される
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」がWowoo Exchangeをアップデート
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」がSACシステムの開発と新しいトークンの発行を発表
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」がWWBCトークンに関する追加情報を公開
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」が新しいトークン、Wowbit Classicの詳細説明を公表

 詳細はベンチャータイムスにて

venturetimes.jp

  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」が、FAN Bettingホワイトペーパーを公開
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)【WWB】」がFANベッティング(FANBTG)の支払いに利用可能
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)【WWB】」、LESプロジェクトがWowoo Platformを使用して実施すると発表
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)【WWB】」、Four Nineに関する最新情報を公開
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)【WWB】」、クラウドマイニングのための受け入れについて
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)【WWB】」、神宮外苑いちょう祭りのスポンサー&社会実験を発表
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)【WWB】」、Wowoo ExchangeのKYC承認プロセスの開始日を公開
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)【WWB】」、LIFEXトークン・オファリングのファーストフェイズ完了を発表
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)【WWB】」、ASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEIにスポンサー企業として参加を発表
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)【WWB】」、「Wowooブロックチェーンコマース」の紹介を発表
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)【WWB】」、協賛した2018神宮外苑いちょう祭りでの社会実験の結果を発表
  • 仮想通貨「Wowbit(ワオビット)【WWB】」、AFAの活動報告とWowooエンターテイメントの取り組みについて発表

先日、12月1日台北にてアジアを代表するアーティスト、モデルが参加するアジア最大規模のイベント「ASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEI」(AFA)が無事に開催され、国内外から多くの注目を集めました。弊社およびWowoo Exchangeのスポンサー活動も大変盛況でしたためこちらの活動報告及びWowoo Entertainmentの取組みについてお知らせさせていただきます。

当日は、人気チケットを入手できた来場者1500名と、テレビ生中継・生配信により500万人以上の視聴数を記録し大盛況となりました。会場には様々なエンターテイメントセクターからセレブリティが集まりました。台湾国内外で、800を超えるメディアに取り上げられ、ファッション、音楽、食などを通じてワンアジアから広がるエンターテイメント産業を照らしていくイベントとなりました。

http://ent.ltn.com.tw/news/breakingnews/2629977
https://www.niusnews.com/=P19rody6
https://www.youtube.com/watch?v=dowq-4GmlVw
https://www.youtube.com/watch?v=37A7aN5yIWA

Wowooとしては、ブースの展示だけでなくステージにおいてWowoo Entertainmentについてご紹介させていただきました。
Wowoo Entertainmentとは、Wowooの立ち上げるサブブランドであり、世の中に普遍的に存在するエンターテイメントという文化とブロックチェーン技術を組み合わせることで、新たな拡張性を目指す取り組みです。具体的には各種コンテンツの協賛や物流・販促支援、知的財産管理などがあげられます。

メディアやコンテンツの多様化によって、たとえ良いものでも日の目を浴びづらくなってしまっているエンターテイメントをブロックチェーン技術を用いることによってサポートしたり、インターネットの成長によって違法に取引されてしまうコンテンツを保護する活動など、多岐に渡ってブロックチェーンを活用することが可能だと考えています。より身近なところでブロックチェーンが浸透することこそが、エンターテイメントの域をを超えて今後人々に多くのアイディアをもたらすきっかけになるはずです。

今回、Wowoo Entertainmentのプロジェクトの一環として、日本のほこる漫画家の巨匠、松本零士の手掛ける生誕80周年記念を祝った集大成プロジェクト「戦国のアルカディア」 へのご協力はじめ、エンターテイメントコンテンツの開発事業に参入して行きたいと考えております。

https://youtu.be/zNdnSkmDjwU
https://youtu.be/CrF7YAFA4iM

Wowoo Entertainmentは、先日発表させていただいたWowooブロックチェーンコマースプロジェクトとも親和性がありますので、来年はブロックチェーンがより一般的なものとして広がるよう両プロジェクトに力を入れて参りますので乞うご期待ください。

ーーーーーーーーーーー以下公式サイトより引用ーーーーーーーーーーー

ASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEI, Asia’s largest fashion event with models and artists representing Asia participating, was successfully held on 1stDecember and it attracted a lot of attention from domestic and foreign countries. Also, there were great success in sponsoring activities of Wowoo and Wowoo Exchange during the event, and we are going to announce our activity report with Wowoo Entertainment’s approach.

It was a great success, recorded over 5 million viewers through live TV broadcast and livestreaming, and 1500 participants with tickets difficult to obtain. In this event, there were many celebrities gathered from several entertainment sectors and widely reported by more than 800 medias from Taiwan and overseas. The event became a leading figure that would enlighten the entertainment industry through fashion, music, and food.

http://ent.ltn.com.tw/news/breakingnews/2629977

https://www.niusnews.com/=P19rody6

As Wowoo, we not only set up our booth, but also introduced about Wowoo Entertainment on the stage.

Wowoo Entertainment is a sub-brand launched by Wowoo, which aims for the new extensibility by combining existing entertainment culture and blockchain technology. In particular, examples are sponsorship of various contents, support in logistics & sales, and intellectual asset management.

Today, entertainment has been facing difficulty to be recognized even it is fascinating due to the diversification in media or content. We consider there is a possibility to support unrecognized entertainments and to protect contents from illegal transactions by utilizing blockchain technology. Therefore, blockchain technology is able to support in several ways. Making blockchain technology more familiar will trigger people’s inspirations beyond entertainment in future.

Starting from supporting “Sengoku no Arcadia”, the compilation of project celebrating 80th anniversary of Japanese greatest cartoonist Reiji Matsumoto, we are going to get involved with entertainment industry.

As we previously announced, Wowoo Entertainment has affinity with blockchain commerce project. Thus, we are going to put more effort in spreading blockchain as it becomes a common technology in our society next year so please look forward to it.

 

 

※今後、仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の新しい情報が配信され次第追記していきます。

 

 

ロジャーも絶賛した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」まとめ

f:id:kasotsuka_news:20180505141521j:plain

今回は、ロジャーも絶賛した仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」とは?既に上場している仮想通貨ですが改めて特徴や上場から最新情報まで、徹底的に仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の全てを公開していきました。

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」がどの様な仮想通貨なのか理解していただけたかと思います。

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」は、ロジャー・バーも絶賛した仮想通貨だけあり、納得の仮想通貨です。

今後もロジャーも絶賛した仮想通貨仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」について新しい情報が公開され次第追記していきます。

 

 

 

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなど最新情報を紹介!|KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなど最新情報を紹介!|KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

今回は、最近評判になっている上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなどの最新情報がありましたので紹介していきます。

 

 

f:id:kasotsuka_news:20190109110813j:plain

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】プロジェクト概要

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。


ACDホームページはこちら

 

日本版ホワイトペーパーはこちら

 

詳しくはこちら

kasotsuka-news.hatenablog.com

 

「株式会社ACD」とは?


ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】ロードマップ

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】のACDプロジェクトロードマップは下記になります。

f:id:kasotsuka_news:20190109110731j:plain

  • 2018年4月トークン配布
  • 2018年5月スケジュール発表 ※6月中旬より随時配信予定
  • 2019年ウォレットサービス開始
  • 2019年多国間にてインバウンドEC開始

 

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】最新情報

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】が、「Bitcoin.com と提携」「『ANA CARGO DIRECT』におけるACDコインの決済連携開発を開始する」と発表したので紹介していきます。

f:id:kasotsuka_news:20190121101210j:plain

ACDとBitcoin.com がビットコインキャッシュを利用し新しい決済方法について提携

 

Bitcoin.com( 代表取締役社長:ロジャー・バー、以下「 Bitcoin.com」) と ANA ホールディング株式会社が出資する株式会社 ACD(代表取締役社長:園田康博。以下「ACD」)は、暗号通貨の分野について、戦略的パートナーシップを締結することを発表致しました。
この提携により、ビットコインキャッシュと ACD が発行する“ACD トークン”の連携をおこなうことで、早ければ2019 年度の春にビットコインキャッシュプラットフォームで、ACD が提供する様々なサービスや、日本から“本物”をお届けするグローバルなオンラインショッピングをおこなうことが可能になります。
幅広く調査及びテストを重ねた結果、ACD と Bitcoin.com 共にビットコインキャッシュが暗号通貨の中で、手数料が低く、取引スピードが早いと信頼できるとのことから最も消費者及びビジネスにとって最適な暗号通貨であると賛同致しました。このパートナーシップは ACD がビットコインキャッシュを決済方法の一つとして推進するところから開始されます。
更に本パートナーシップによる ACD トークンの様々な用途や拡張、その詳細については、後日発表いたします。
また、今回のパートナーシップを経て ACD トークンはビットコインキャッシュプラットフォームとなる予定です。
ACD の CEO 園田康博から、”市場にある様々な暗号通貨を色々調査及びリサーチをした結果、当社はACD トークンとビットコインキャッシュを連携させ新しい決済方法として選びました。これはお客様がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる決済方法を世界規模での取引が実現できると考えております。”
Bitcoin.com の CEO、ロジャー・バーから “ACD とビットコインキャッシュのパートナーシップに協力できることは非常に光栄です。ワールドワイドな航空会社の出資会社がワールドワイドの通貨を採用されることは必然であると考えます。”
ビットコインキャッシュP2P 電子通貨であり、誰からでも、どこからでも即時に決済ができる電子通貨システムです。費用がほぼ無料で、ダブルチャージのリスク、決済ができなかったり、送金が戻されることもございません。
ACD のようなグローバル会社には最適な組み合わせです。 お客様に革新的な決済方法を提供することによって、ACD が先んじてビットコインキャッシュ決済を取り組むことによって、競合他社との差が更に大きくつくでしょう。

 

 


ACD、『ANA CARGO DIRECT』におけるACDコインの決済連携開発を開始

株式会社ACD(以下「ACD」)は、ACDが基幹事業として展開する越境ECプラットフォーム『ANA CARGO DIRECT』(中国本土を除く) のすべてにおいて、決済手段の一つとして、ACDコインを活用できるよう決済連携開発を開始しました。

ACDコインはBCH(ビットコインキャッシュ)プラットフォームと連携し、BCH決済モジュールを実装することで、すべての『ANA CARGO DIRECT』プラットフォームにおけるオンライン決済はもとより、インバウンド向けオフライン店舗への導入のため、数多くの提携企業との間で決済連携を進めていくことが可能となります。

一連の決済連携は、2019年度初旬から順次開始されることを予定しており、これは、今後、世界中のお客様がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる新たな決済方法として世界規模での取引が実現できると考えております。

このように当社は、革新的な決済方法を提供することによって、越境EC業界において、競合他社との差別化を大きく図ってまいります。

 

 

最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】まとめ

f:id:kasotsuka_news:20190109110718j:plain

今回は、最近評判になっている上場仮想通貨【ACDコイン】のロードマップなどの最新情報がありましたので紹介していきました。
最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】は、あのロジャー・バーが代表を務めるBitcoin.comと暗号通貨の分野について、戦略的パートナーシップを締結し、この提携により、ビットコインキャッシュと ACD が発行する“ACD トークン”の連携をおこなうことで、早ければ2019 年度の春にビットコインキャッシュプラットフォームで、ACD が提供する様々なサービスや、グローバルなオンラインショッピングをおこなうことが可能となるそうです。

また、『ANA CARGO DIRECT』におけるACDコインの決済連携開発を開始し、『ANA CARGO DIRECT』プラットフォームにおけるオンライン決済はもとより、インバウンド向けオフライン店舗への導入のため、数多くの提携企業との間で決済連携を進めていくことが可能となるそうです。

今後も、最近評判の上場仮想通貨【ACDコイン】に注目してみてはいかがでしょうか。

 

【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップなど最新情報を紹介!|KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップなど最新情報を紹介!|KasotsukaNews~仮想通貨ニュース~

今回は、新着ICO「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報がありましたので紹介していきます。

 

 

f:id:kasotsuka_news:20181217201019j:plain

【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら


「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

 

詳しくはこちら

kasotsuka-news.hatenablog.com

 

【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を紹介!

【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」がデータ公開の安全性を保証すると発表したので紹介していきます。

f:id:kasotsuka_news:20181217201115j:plain

DISCIPLINAプロジェクトは各教育機関に属する学生の成績データを収益化する機会を提供することによって、学業成績と雇用という分野において可能な限り便利で有益なものにすることを目標としています。
求人募集している雇用主はDISCIPLINAを通じて虚偽のない証明された学歴や成績結果を検索することが可能となり、興味のある学生候補者に関するデータにアクセスするために各教育機関へ閲覧料金を支払います。

このアイデアを正しく実現するにあたって、各教育機関が求人募集している雇用主に対して偽造データを売るといった、すべての詐欺や虚偽について検討し不正が行われないようにしなければ成立できません。

このような問題に対して、信頼できる仲介者がデータの転送を監視し取引資金を留保すれば避けられる事態とも考えられます。
しかし、「“optimistic fair exchange”」というアルゴリズムを利用すればそれ自体が審判として機能する為仲介者は必要なく常にオンライン上で監視する必要もありません。

実際には、先に説明した仲介者を必要としない「“optimistic fair exchange”」の様なデータ交換のためのデータ入力を行うことは複雑な作業といえるでしょう。このような状況でのデータ交換の統合をとっていく事はむしろ不確実になるといえます。
「“optimistic fair exchange”」の実装において、データ交換を行う2者間でお互いが不正をしない確実性を高めていくという事が特徴です。

DISCIPLINA開発チームの目標は、仲介者を必要としないP2Pネットワークにおいてデータ交換を行う双方の当事者が不正を働かず、虚偽のない事が保証されたデータ交換プロトコルを開発する事でした。その検討の結果ブロックチェーン技術の採用が決定されたのです。

次の記事では、DISCIPLINAのブロックチェーン技術の実際にどのように組み込んでいくのかについてお伝えします、ご期待ください。

 

The DISCIPLINA project aims to make the working conditions of educational institutions and teachers as convenient and beneficial as possible by providing them with the opportunity to monetize the data on student academic achievement. DISCIPLINA will allow recruiters to search for verified records on education and pay for the access to the data on specialists they are interested in.
To implement this idea correctly, it is necessary to consider every detail and provide protection from fraud, since there is a risk that any educational institution may start selling falsified data to recruiters.
Such situations can be avoided if there is a trusted intermediary that can observe the data transfer and hold the money. It is also possible to use an “optimistic fair exchange” algorithm for these purposes, where the intermediary acts as a judge and does not always have to be online.
The implementation of a data exchange protocol without an intermediary is a more complicated task. In such situations, the integrity of data exchange is only probabilistic. The specificity of these protocols is that two parties exchange chunks of data, increasing the certainty that the other party plays fair.
The DISCIPLINA team had a goal to develop a protocol of data exchange that doesn’t require a trusted intermediary and at the same time guarantees the absence of fraudulent actions from both parties. To do this, the project team decided to employ blockchain technologies.
In the next article, we will tell you about the technological implementation of the DISCIPLINA data disclosure protocol.

 

 

 

【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」ロードマップ

「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップについては下記の通りになります。

f:id:kasotsuka_news:20181217201128j:plain

  • 2016年第3四半期:TeachMePleaseのローンチ
  • 2016年第4四半期:学校登録開始
  • 2017年第3四半期:Disciplinaについての構想開始
  • 2018年第3四半期:DISCIPLINAアルファ版
  • 2018年第4四半期:CampusでのDSCPの流れ
  • 2019年第1四半期:DSCPウォレット・ノードAPI
  • 2019年第2四半期:TeachMePleaseでのDSCPトークン支払開始
  • 2019年第3四半期:テストネット
  • 2019年第4四半期:メインネット

 

【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:kasotsuka_news:20181217201140j:plain

今回は、新着ICO「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報がありましたので紹介していきました。

データ公開の安全性を保証すると発表がありましたが、「“optimistic fair exchange”」というアルゴリズムを利用すればそれ自体が審判として機能するので安全性が保障されるそうです。

DISCIPLINA開発チームの目標は、仲介者を必要としないP2Pネットワークにおいてデータ交換を行う双方の当事者が不正を働かず、虚偽のない事が保証されたデータ交換プロトコルを開発する事で、その検討の結果ブロックチェーン技術の採用が決定されたそうです。

今後も【新着ICO】「Disciplina(ディサプリナ)」に注目してみてはいかがでしょうか。